FUKUI&SABAE

めがねの産地 福井・鯖江

JAPAN GLASSES FACTORY

自然、伝統文化、ものづくり、そしてめがねのまち
緑と清流に恵まれた山々、日本海の荒波が作り出す壮大な景観が広がる海岸など素朴で飾らない自然の美しさ。
人々の心を支えてきた神社仏閣や五穀豊穣を祈り受け継がれてきた祭りなどの文化。
そして職人の手で一つ一つ丁寧に仕上げられる漆器、和紙、打刃物などものづくりの伝統。
ここ福井県は、自然、伝統文化、そしてものづくりの心が息づくまちです。

眼鏡のまち 福井・鯖江。その歴史は、雪深く産業がない農業だけの地元の暮らしを向上させるため、

「国産のめがねの祖」とも呼ばれる増永五左衛門が、大阪からめがね職人を招き、

足羽郡麻生津村生野(現・福井市生野町)で農家の副業として広めたことから始まりました。

第二次世界大戦が終戦を迎えると、めがねの需要がさらに高まり、

セルロイドフレームやサングラス、そしてそれを作り出すブランドが数多く生まれました。

そして、1981年には、世界で初めて、軽くて丈夫なチタン製めがねを開発・生産をおこなうことで、

国際的なめがねの産地としての地位を築き上げ、イタリア・中国と共に世界の三大めがね産地となりました。

近年ではチタン加工の技術を医療や電子機器などに生かし、

めがねづくりの熱い想いが、幅広い分野に広がっています。

OUR STORY

五左衛門とめがね産地の歩み

動画を見る

めがねができるまで

動画を見る

【メタル枠1】 デザイン

動画を見る

【メタル枠2】 金型

動画を見る

【メタル枠3】 プレス

動画を見る

【メタル枠4】 切削

動画を見る

【メタル枠5】 ろう付け

動画を見る

【メタル枠6】 研磨

動画を見る

【メタル枠7】 検査

動画を見る

【メタル枠8】 表面処理

動画を見る

【メタル枠9】 仕上げ

動画を見る

【プラスチック枠1】 デザイン

動画を見る

【プラスチック枠2】 削り

動画を見る

【プラスチック枠3】 やすりがけ

動画を見る

【プラスチック枠4】 鼻パット

動画を見る

【プラスチック枠5】 テンプル

動画を見る

【プラスチック枠6】 仕上げ

動画を見る

GG291について、
お気軽にお問合せください。

GG291についてお問合せ

よろしければ、こちらもご覧ください。

Translate »